読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motogp fun

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

もうすぐ始まる簡単IoT

IoT

最近試験している、さくらのIoT。
作ってみて分かった手軽さ、新しいサービスの可能性を感じます。
来年は予想もしなかった便利な何かが始まるかも。

では私が実験作成した物を報告します。

 

自動的に情報を収集するサービス

いろいろなセンサー情報をインターネットサーバーに貯めて利用するパターン。
例えば機械の遠隔監視や、見守りサービスなどで利用できそうです。

 

それでは簡単な見守りサービスを作ってみましょう。
用意するのはマイコンボード+センサー。
通信モジュールはサクラインターネットさんの借り物。

f:id:motagp:20160831202132j:plain

マイコンボードArduino UNO互換品+センサー2個+ケースで1000円以下でした。
電源はスマホ用のUSB充電器を使っています。 

 

センサー情報は自社のwebサーバーに転送、データベースに保存して、
これをグラフ化。

想定した使い方は、独居老人の見守りで、リモコンの使用回数を数える単純な物です。
テレビやエアコンの赤外線リモコンを監視します。

プライバシーの問題があるので、何の操作をしたかは調べません。

下記のグラフでリモコンの操作回数(活動数)が少ない日は、外出か何か起きている。
こんな時は電話して確かめましょう。

f:id:motagp:20160901174024p:plain

 

意外と簡単に完成。
驚きました。

 

時間が余ったので、マイコンを小型化、Arduino Nano互換に変更しました。
ケースは400円で購入。

f:id:motagp:20160831202438j:plain

見守り赤外線センサーの穴。

f:id:motagp:20160831202550j:plain

 

nanoって小さい。

f:id:motagp:20160831202647j:plainf:id:motagp:20160831202754j:plain

 

完成形は下記、これをTV等の近くに設置します。

f:id:motagp:20160831202838j:plain

 

 

インターネットから指令も出せる

このサービス、センサーに信号を送る事も出来ます。
試しに遠隔解除できる南京錠を作ってみました。

f:id:motagp:20160831202358j:plain

こちらは情報が少なく苦労してます。
取りあえず動くけど、微妙。

 


IoTリモート南京錠

 

以上 はやく本サービス始まらないかな。待ち遠しい。