motogp fan

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

「ばくおん‼」で知るMotoGP GPライダー 第7話

ばくおん7話、遂にGPライダー登場。

文化祭レースの観客に往年のライダー2名+現役1名が出演。

 

王様

ヤマハの帽子、ジャンバーに音叉マーク、王様の愛称から、
キングケニー、ケニー・ロバーツ(アメリカ)と判断。
(ジャンバーの色が緑は意味不明)

f:id:motagp:20160518084418p:plain

1978-1980年 WGP500ccクラス3年連続チャンピオンの偉大なるライダー。
現在のライディングスタイル、ハングオンスタイルを始めた人。
ライダー引退後もチーム監督として活躍。
今年のアメリカGPでは、モーターホーム駐車場でBBQをする姿が見られました。

 

global.yamaha-motor.com

 

 

 

 

 

押しがけ大将

 

ホンダの帽子、ホンダのジャンバー、押しがけからフレディスペンサー(アメリカ)と判断。

1983,1985年 WGP500ccクラスチャンピオン、1985年はGP250もチャンピオンに輝きダブルタイトルを獲得。

ホンダが連れて来た若者が勝つ感じは、今のマルケス選手と似ている。
21歳8ヶ月でのチャンピオンは最近まで破られなかった。

成績はホンダのWGP挑戦時期のマシン的不安定や右手腱鞘炎の影響で、2回のチャンピオンだけで、引退も早かった。

当時のレースは、スタート時はエンジンが止まっていて、押しがけ(バイクを押してエンジンを始動する)でレースが始まるルール。スペンサーはこれが上手かった。
(しかもライバルのヤマハYZRは始動性が悪かった)

今でも人気の高いライダーなので、大きなイベントで来日する事あり。
去年はもてぎGPで見かけました。

f:id:motagp:20151010191229p:plain

 

 しかし、押しがけ大将って、解りにくい。
もっと他に無かったのか、天才、仮病ライダー、引退ゾンビなど。
(注、仮病は当時の噂で、引退後仮病じゃ無い事が分った) 

 f:id:motagp:20160518083320p:plain

スペンサーが現役で活躍していた頃、
友人のW君がスペンサーレプリカヘルメットを被ってRZ50で爆走していたのを思い出しました。

スペンサーW君は通勤途中の担任の車を抜いてしまい、朝礼の後、職員室呼び出され、2時限が終わるまで戻ってこなかった。
停学にはならなかったけど、目にパンダアザが・・・。怖いね。

当時私は2輪に興味が無く、W君のスペンサーが凄いぞ!って話や、カーブを曲がる時にハングオンと叫ぶ奇妙な行動が理解できなかった。
今なら解るよW君。

 

 

 

 

サル顔ピアス

 

ドカティの帽子に、ピアス、サル顔・・・ロッシですね。
この原作はロッシがドカティに在籍していた時期に書かれていて、ロッシ=ドカティです。ヤマハではありません。

バレンティーノ・ロッシ(イタリア)

2001-2005年、2008-2009年 GP500cc-MotoGPチャンピオン。

現役ライダー37歳、頑張ってます。

f:id:motagp:20160424150550p:plain

 

f:id:motagp:20160518090052p:plain

サル顔ピアス書いてたら、デーブスペクターになってしまった。
これじゃない。

 f:id:motagp:20150904142227p:plain

 

 

以上
今までレースネタは1990年代が多い印象でしたが、1980年代前半も登場、
ネタの幅広さに感心します。いや、ついて行けるのか?
次回8話に続く