motogp fun

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

逃げ恥を中年夫婦に勧める理由

12/20に最終回を迎えたTV版「逃げるが勝ちだが役に立つ」、20%越えの高視聴率。
我が家も11月に入ってから撮り溜めた話数を一気に鑑賞、それからはハマってしまい毎週欠かさず観てました。

妻が変な題名のドラマで気になったから、毎週録画の対象にしたとの事。
評判が悪かったら観ずに消す予定だったそうで、あっぱれな対応です。

契約結婚している理由知らずに後半を見るのは厳しいね。

ブコメドラマとして面白いけど、色々考えさせる内容だったので感想を書きます。
結婚20数年の中年オッサンの意見です。
ネタバレ記事なので注意。

 

 

 

 

 

 

最終回のネタバレを防止せよ!

 

 最終週は出張、妻に「帰ってから一緒に見よう、先に見ちゃ駄目だよ」と伝えて出勤。

注、勘違いしてはいけない、妻がネタバレ的な事を言うから閲覧制限ですよ。

  

20日の放送終了後から、私もネットでの閲覧制限を始めました。
幸い、納品や打合せなどで忙しく、はてぶ巡回も出来なかったし丁度良かった。

21日は客先IT部門の忘年会に参加。
平匡さんの職場をイメージして下さい。

この席でYAHOOトップページの話しになり、私の前に座っていたM君(推定年齢アラフォー間近)が、

「毎日全部読んでます、貴重な情報源ですよ~。もちらん昼休みにね」

すると同僚のT君、

「じゃアメリカ大使館の恋ダンス見ました?」と質問。

M君「・・・恋ダンス?」

みんなで、「Mさん観てないの?逃げ恥」

私「YAHOOで原作漫画1話無料配信してるよ、読んでみたら」

M君「じゃどんな内容か教えて下さいよ。」

私「主人公がM君と同じITエンジニアでガッキーと偽装結婚する話、ホントにM君と同じ仕事だから感情移入できるかもよ」と説明。

そして後輩のT君が「バグの日か!って叫ぶんですよ」とM君にレクチャー。

そうそれ、平匡あるある。

技術職のエース的なポジションの平匡さん、M君もそんな感じだけど、興味出たかな?

その後、最終回の話題になったので「聞きたくないって耳をふさぎながら」トイレに逃げました。

逃げる最中に、「あれはガッキーの勝ちだね」って言葉が聞こえた、何だよそれネタバレ?それは結婚?契約解消?・・・

 

私としてはガッキーが可愛くて仕方がないドラマって伝えたかったけど。
オッサンが熱弁するのはキモイので止めました。 

 

f:id:motagp:20161224155613p:plain

あ~ハグしたい。(妻とねw) 

 

 

 

 

原作との比較

 

出張から戻り、休日の23日。
逃げ恥見るぞ!って構えていたら妻は忘年会とかで不在。
今度は私がビデオの閲覧制限される側、仕方なし。

しかし見たい・・・気を紛らわす為に原作を読む事にした。
当然、ネタバレしない様にチェックポイントを設けました。
ドラマ10話の最後は、平匡さんがレストランでプロポーズする話。
この話まで恐る恐る読み勧めます。

結果は6巻終わりがこのポイントでした。

 

原作漫画を読むと解るが、TVスタッフのエンターテインメント力に関心します。

特に妄想の部分は他局との権利問題を解決していて面白い。
音があるから解り易いぞ。

物語の発生順番を上手く入れ替え、ドラマの時間内に収める工夫がよくできてる。
原作をいじくり回して作者の意図が変わるって事もなく、キーワードになる言葉は必ず採用されていました。

 

女性の仕事問題(派遣、家事)、夫婦のあり方などは、原作の方が自分のペースで読めるからか考えさせられた。
平匡、みくりの心理描写も時間の制約無いから詳しい。

臨床心理士の話も詳しく書いてあり、みくりさんの知的(小賢しい)な部分が原作では理解できる。
いや~ドラマ版はガッキーの笑顔にやられてしまって気が付けなかっただけか?
女優さんの笑顔って凄いね。

藤井隆さんの役は原作では目立たない存在ですが、ドラマでは強化、好印象でした。

 

ドラマには原作に無い問題定義もありました。
平匡さんのはブラック企業で働いた経験あるとか、IT業界の闇的な話が垣間見える。
この追加で義理父との関係がちょっと変わってましたね。
原作は女性誌なので、あえて掘り下げなかったと想像。

「バグの日か!」はドラマオリジナル。
原作は「ハグの日」でした。


平匡さんの寝つきの悪さは睡眠障害なんじゃないか、今は大丈夫でも10年20年後を心配してしまう。
また、京大卒36歳で現役技術職(プログラム書いてる)、取得している資格を考えると客先と頻繁に打ち合わせ、業務分析、システムやDB設計する仕事だと推測される。
コミュニケーション能力が必要だけどそんな感じには見えないし、そんな場面もない。

とはいえ、みくりさんの突拍子の無い提案に対して、冷静に分析、
対応策を提案できる能力。
顧客からの無理難題を上手く対応してきたように感じられ、仕事でのコミュニケーション能力は高いのかも。
だったら、どこでも食べて行けそうだ。

更に、平匡さんの私生活が謎すぎる、何かコアな趣味がありそうだけど見えない。
仕事が趣味?モヤモヤする。
あっ脱線してる。現実の人じゃないし、まあいいか。

 

 

 みくりと平匡のこじらせ愛、ラブラブ度、いやイチャイチャ度は原作の方が解り易い。(好み)
あ~ハグしたい。そんな気にさせる。

 

総合すると、原作とドラマ、両方が補完しあえる関係。
ドラマに好印象を持った人は是非原作を読んで欲しい。

 

 f:id:motagp:20161224150740p:plain

原作のみくりさんもいいね。

 

 

 

 

 

回想

 

原作読んで結婚したばかりの事を思い出した。

つきあって結婚、そして新婚生活のムズキュン期間、こんな気持ちだったかなぁと。

私の実家に行った時の妻の苦労、家事の負担など、反省する話しも沢山思い出した。
この漫画を結婚前に読めていたら上手くフォローできたかも・・・

ムッとする言動の裏には様々な悩みが隠れている。
簡単なフォローの一言で余計な不安をさせず、喧嘩も減っていたかもしれない。 

今ごろ気が付いても仕方ないが、まだ終わって無い、これからでも改善できる事は始めよう。

そんな気持ちになりました。

ハグの重要性も理解。

 

 

 

 

 

 

最終回

 

そして

 24日、ついにドラマ最終回を観た。

 

 平匡さんの転職先は気になるが、みくりさんとの共同CEO、上手くまとめて終了。
ドラマでもキスシーンあったし、ホッコリ終われて大満足。
藤井夫妻の登場サプライズ、やるねドラマ班。

 

平匡さんの家事能力の低さっぷり、みくりさんの余裕のない時の態度、言動。
我が家でも発生した事例、解る、その情けなさ、辛さ。

男はもうちょっと家事スキルを上げるべきだと思う。
その為の仕組み作りを国策で進めては如何だろうか。

 

 

妻よ、今頃だけどもう遅い?ごめんね気が付くの遅れて。

 

そうだ、ハグから始めよう。
後でハグして良いか聞いてみよう。

 

 

考えていたら妻から。

妻「みくりロスになるんじゃないの?」

と一言。

うっガッキーの笑顔にやられているのがバレてる。

 

私「・・・大丈夫、まだ原作終わってないから」

そんな私に

妻「紅白にみくりさん出るらしいよ」

と教えてくれた。
こっ、これは観なくては。
 今年はみくりロスしなくてよさそうだ。

 

 

 

 

 

1時間後

 

 

 

私「ハグしていい」

 

 

 

妻「火曜日じゃないからダメ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おしまい

 

 

[追記]

紅白の照れダンス、ムズキュンでしたね。

ドラマ終了後に原作8巻+雑誌最終話を読むと、みくりさんの性格に違いが発生してる。

原作では結婚のモヤモヤを解決するため、別居を始め、話し合いをする流れ。
ドラマ最終回のみくりさんは、メンヘラちゃん的な切れキャラ。
不満、不安を貯めこんで爆発、論理的な発言ができなくなっている。
違和感を覚える。
いやいや、そんなのが可愛く思えるオジサン層向けの演出か?

時間の制約ってのもあるでしょうが、非常に残念。
「小賢しい」のくだりは、原作だとじわじわ伝わる書き方で心に残りました。

 

以上です
現在、逃げ恥ロス中 おっさんがレビュー記事書いてるけど乙女か!