motogp fan

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

2017motoGP最終戦 結果 バレンシア 何じゃこりゃ決勝

モトGP バレンシアGP (スペインバレンシア地方) Rd.18 WUP,RACE

f:id:motagp:20150716232224j:plain f:id:motagp:20150726163301j:plain

2017シーズンも残り1戦、ポイントランキングではマルケスが、2位ドビチオーゾに21ポイント差をつけてトップ。
とんでもない不運が重ならない限りチャンピオンは確定してます。

簡単に言うならドビチオーゾがこのレースで優勝しても11位以上でフィニュッシュすればチャンピオンが決まるって事です。
マルケスなら目をつぶっても可能なミッションじゃないかな。

世の中的には、「事実上マルケスのチャンピオンは決まってるけど最終戦まで楽しみが残ってよかった。過去には2006年のロッシみたいに転倒してヘイデンが逆転チャンピオンになった例があるからわからないぞ。」的な期待もありました。

 

 

コースレイアウト

f:id:motagp:20150726163301j:plain

 

 

 

初日(金曜日FP1,FP2)

 

素晴らしい晴天で始まったレースウィーク 、ドカティが苦手なコースでのドビチオーゾが気になりますね、活躍してもらわないと決勝レースが面白くない。

初日結果はロレンソがトップ、このコース得意とは言えやりますね、流石。
2番手ペドロサ、3番手のドビチオーゾとまずまずの結果でした。

 

予選(Q1,Q2)

ヤマハファクトリーは散々な結果、ロッシがなんとかQ2入りするも、ビニャーレスはQ1も突破できない始末。
去年型のザルコが上位タイム連発で、今年型の二人は複雑な心境です。

結果はマルケス、ザルコ、イアンノーネ、ロレンソ、ペドロサの順。
ドビチオーゾは9番手、3列目です。
ドビ、もうちょっと頑張れ。

流石マルケス、優勝で有終の美を飾れそうですね。

 

 

WUP

決勝日午前のフリー走行でもマルケスがトップタイム。

リンス、イアンノーネ、ドビチオーゾと続きます。
数選前からスズキの調子が上がってきてます、ただ決勝は相変わらずの迷走ぶり、でもウォームアップでこのポジションは決勝が期待できます。

ドビチオーゾも4番手、決勝が少しは期待できます。
前にいるイアンノーネミサイルはちと気になるけど。

 

ヤマハファクトリーはテック3から2016モデルのフレームを借りたそうで、ぶっつけ本場2016モデルで走るとの事。
このレースは捨てて来期の為のデータ収集です。
2017フレームは何が悪かったのでしょうね。

そんなマシンだったのですが、ビニャーレスはまた転倒。「もう嫌だ~!」って声が聞こえた気がする。

 

 

 

 

決勝

 

 

スタートはマルケス、ペドロサ、イアンノーネの順。
ペドロサやりますね、今年は活躍できなかったけど、今回はマルケスのサポートか?

1周目はマルケス、ペドロサ、ザルコの順。
ザルコは元気ですね~。

 

タイヤはザルコが前後ソフト、ペドロサが前ハード後ミディアム、他のライダーは前ハード後ソフトの組み合わせ。
この感じだと、ザルコはいつもの最後は失速パターンぽい。
仕方ないよ、2016モデルですよ。

ザルコは2周目には2番手、4周目にはマルケスも抜いてトップに出た。

 

 

ザルコ、マルケス、ペドロサ、ロレンソ、ドビチオーゾ、この5台がトップグループを形成。
ドビチオーゾ、優勝しないと、もっと前に!

 

 

残り13周、順位の変わらない退屈なレースが続きます。

ロレンソが少し遅れだした。
ドビはこんな所で引っかかってる場合じゃないのに・・・

 

残り12周、出てしまった、チームオーダー
ロレンソに-1のメッセージ。
motoGPはチーム戦なんだね・・・モヤモヤする。

 

 

おや?今回はロレンソ無視。
いやいや今回は譲っていいんじゃない、トップ争いしてる訳じゃないし。
相変わらず不思議なロレンソです。
(個人的にはチームオーダークソと思っているのでニンマリ)

 

残り10周、そろそろマルケスが動きそう。
まあマルケスは全く無理する必要は無いけどね、雰囲気的にはちょっと無理してザルコを抜いたらそのまま逃げれそうです。

 

残り8周終わりに、遂にザルコを抜いてマルケストップ。
計画通りです。

ザルコ、タイヤが厳しいのか・・・食らい付いて欲しい。

 

残り7周に入って直ぐの1コーナー。

マルケス直進!!

え~~

 

 

なんとマルケスオーバーラン、転倒は免れたが5番手(ドビチオーゾの後ろ)でコース復帰。

最後の最後に見せ場発生。
マルケスはこのままチェッカーを受ければチャンピオン。
もう無理する必要なしです。

 

前を走るドビチオーゾはロレンソを抜けないどころか、遅れだしてる。
こうなるとチームオーダーで面白くして!ロレンソお願い。

 

願いが通じたの?残り6周、ロレンソ転倒!
なんだ、高度なチームオーダーか??

ドビチオーゾあと二人。

 

 

え~!今度はドビチオーゾ転倒。
オーバーランして倒れた。


ドカティー業務終了。
マルケスチャンピオン決定。

 

なんじゃこりゃ!レース

残り4周、ドビチオーゾがドカティのピットに戻りました。
拍手喝采。

 

レースはザルコVSペドロサのバトルが始まりました。

でもこの数周でいろんなことが起きて集中できない(消化レースぽいぞ)。

 

 

 

ラストラップ、ペドロサが前に出た、ペドロサラストスパート、ザルコタイヤは持つか。

ペドロサそのままトップでチェッカー。

 

ザルコ、マルケスの順。

 

 

 

 

 

 

レース後のロレンソコメントでは、ドビをトップグループに引っ張ってあげるために前を走り続けたとの事。
確かにドビ単独ではトップグループに追いつくのは厳しかったかも。
現にロレンソが居なくなたっら、あっさり自滅してたし。
今回は信じます。

 

以上

2017シーズンも面白かった。