読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motogp fun

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

MotoGP 2015 マレーシアGP 第17戦 予選結果 やはりペドロサだった! (セパン)

f:id:motagp:20150715194645p:plain モトGP マレーシアGP Rd.17 FP3 FP4 Q1 Q2(セパン)[第5版]

 昨日の初日フリー走行は、ポールこそロレンソですが、ホンダ勢の支配下でした。
2月のプライベートテストがアドバンテージの理由と思われます。
特に、ペドロサが絶好調。前回のここ数年で一番のレース(オーストラリアGP)で、トップ争いに届かなかった悔しさでしょうか、いつもと違います。
予選でも、この勢いが続くか、チャンピオン争いも気になりますが、関係のないライダーの頑張りも見どころです。



 

 

f:id:motagp:20150726100845j:plain

FP3:午前のフリー走行3

  • 天候:曇り 気温:29℃ 路面温度:32℃
    45分の午前のフリー走行が始まりました。
    昨日と同じで霞んで見えます。
  • ロレンソが2:00.246でトップタイム、最初からハイペースです。
  • 残り40分、ロレンソ、ペドロサ、マルケス、イアンノーネ、ロッシの順。
  • 残り36分、ロレンソ更に2:00.198にタイム更新。
  • 残り35分、マルケスも2:00.254でロレンソに迫る。
  • 残り33分、ペドロサも攻めるがロレンソ、マルケスに届かず3位。
  • 残り31分、兄エスパルガロ10位、今回もQ2の分かれ目微妙です。
  • 残り24分、ロッシがs1,s2で最速更新、しかし4位止まり。
  • 残り20分、タイム更新はありません。
      順位はロレンソ、マルケス、ペドロサ、バルベラ、ロッシ。
      苦労して記録したロッシのタイムはあっさり抜かれました
  • 残り18分、兄エスパルガロ、タイムアッタック、6位に上昇。
  • 残り10分、記録更新はありません。
  • 残り5分、タイムアタックが始まりました。
  • 残り4分、ロレンソ、1:59.544タイム更新。去年のポールタイムを超えた!。
  • 残り2分、ペトルッチ転倒。
  • 残り1分、ペドロサペースアップ、2位へ。
  • チェッカー、最後のアタック、マルケスs1,s2で最速、前にロッシが走っている。
      マルケス2位タイム。
      結果は、ロレンソ、マルケス、ペドロサ、ロッシ、バルベラ、クラッチロー、兄エスパルガロ、ドビチオーゾ、弟エスパルガロ、ビニャーレスでした。
      イアンノーネはチーンが外れてピットに戻れず、珍しい。

FP4:予選前のフリー走行

  • 30分の予選前フリー走行が始まりました。
  • 1周目、先頭で戻って来るのは何時ものようにマルケスです。
  • 2周目、ペドロサ、マルケス、ドビチオーゾの順。
      イアンノーネが2:00.998でトップ。
  • 3周目、マルケスが2:00.904でトップ。
      ペドロサがすかさず2:00.471でトップ返り咲き。
      ペドロサ午前中の仕返しか。
  • 残り20分、タイム更新なし。
  • 残り18分、ロッシが2:01前半で積極的に周回を重ねています。
  • 残り15分、上位陣の中で唯一ロレンソが走行を始めました。
  • 残り12分、ロレンソのペースは上がりません、何かを試したくて走行か?
      ロレンソペースを上げたと思ったら転倒。
      スリップダウンなのでライダーのダメージは少ない。
      スクーターの後ろに乗って急いでピットに帰ります。
  • 残り9分、ロレンソのマシンはトラックに乗せられて移動中。
  • 残り8分、午前のタイムは更新できません。
  • 残り6分、ロレンソはもう1台のマシンでピットアウト。
  • 残り3分、ペドロサ、マルケス、イアンノーネの順。
  • 残り2分、ロレンソペースアップできない。
  • 残り1分、ロレンソ4位、ロッシ5位。
  • 残り僅か、タイム更新なし。
  • チェッカー、ペドロサ、マルケス、イアンノーネ、ロレンソ、ロッシ、ドビチオーゾの順でした。

4回のフリー走行を総合すると、タイヤが温まらないうちに出したタイムが最速になる傾向ですね。

Q1:フリー走行で11位以下の予備予選、上位2台がQ2進出

  • Q2に進出できるのは誰か、15分のタイムアタックが始まります。
  • 2周目、トップはスミス、レディングのイギリスコンビ。
      直ぐビニャーレスが2位へ。
  • 3周目、スミス、ビニャーレス、レディングの順。
  • 残り6分、各車ピットイン。
  • 残り4分、最後のタイムアタックにピットアウト。
  • 残り2分、レディングS2で最速、記録更新なるか!
  • 残り1分、ビニャーレスもS1で最速。
  • 残り数秒、スミス、ビニャーレス、バルベラの順、レディングはアタック失敗。
  • チェッカー、スミス2:00.765でトップタイム更新。
      ビニャーレスが最後に2:00.753でトップ更新。
      スミス、ビニャーレスがQ2進出です。

今回はスズキ勢の2台ともQ2進出です。スズキファン、こうご期待!!

Q2:上位12台の予選

  • トップ12台、15分間の予選が始まります。
  • ペドロサは遅れ気味にピットアウト。
      マルケス、ロレンソの順番で1周目を終わりました。
  • 2周目、S1ロレンソ、S2・S3マルケスが最速。
      まずはマルケス、ロレンソ、イアンノーネ、ロッシの順
      遅れてピットアウトしたペドロサ 1:59.053でトップにジャンプアップ。
      ペドロサいきなり驚異的なタイムを記録。(狙ってたな)
  • 残り9分、ペドロサ以外はピットイン。
  • 残り8分、ペドロサピット、マルケスピットアウト。
      レプソルホンダ忙しい。
  • 残り6分、記録更新なし、ペドロサ、マルケス、ロレンソ、イアンノーネの順
  • 残り5分、マルケス2度目のピットイン。
  • 残り4分、ロッシが攻める、自己タイム更新中。
      1:59.810で4位浮上。
  • 残り3分、記録更新なし。
  • 残り2分、最後のタイムアタックに続々ピットアウト。
  • 残り1分、タイム更新なし。
  • 残りわずか、マルケスがs1,s2で自己ベスト、記録は?
  • チェッカー、ロレンソタイミングが悪くタイムアタック失敗。
      マルケス2位タイム。
      ロッシ、最後に3位へ浮上。ロレンソ4位だ。 
      [追記]ロレンソはブレーキトラブルだったとコメント。

Q2:予選2詳細

順位

車番

ライダー

国籍

チーム

バイク

タイム

記録周

周回数

トップ差

最高速

01

26

ペドロサ

SPA

RepsolHonda

HONDA

1'59.053

2

7

0

0

331.5

02

93

マルケス

SPA

RepsolHonda

HONDA

1'59.462

7

7

0.409

0.409

332.6

03

46

ロッシ

ITA

MovistarYamaha

YAMAHA

1'59.726

8

8

0.673

0.264

326.4

04

99

ロレンソ

SPA

MovistarYamaha

YAMAHA

1'59.737

2

8

0.684

0.011

325.9

05

35

クラッチロー

GBR

LCR.Honda

HONDA

2'00.199

8

8

1.146

0.462

327.1

06

29

イアンノーネ

ITA

DucatiTeam

DUCATI

2'00.224

2

8

1.171

0.025

338.0

07

4

ドビチオーゾ

ITA

DucatiTeam

DUCATI

2'00.423

2

5

1.370

0.199

330.6

08

25

ビニャーレス

SPA

TeamSUZUKI

SUZUKI

2'00.478

5

6

1.425

0.055

325.2

09

38

スミス

GBR

YamahaTech3

YAMAHA

2'00.652

7

7

1.599

0.174

329.3

10

8

バルベラ

SPA

AvintiaRacing

DUCATI

2'00.724

5

7

1.671

0.072

325.6

11

41

兄エスパルガロ

SPA

TeamSUZUKI

SUZUKI

2'00.724

2

4

1.671

0.072

325.1

12

44

弟エスパルガロ

SPA

YamahaTech3

YAMAHA

2'00.794

5

7

1.741

0.070

327.2

 

  

まとめ

 午前のフリー走行3では、ロレンソ、マルケスに勝てなかったペドロサ、路面状況が悪くなる予想をしたのか?、2周目にタイムアタック、見事成功して驚異のタイムを記録しました。
なんでしょうか、こんな強いペドロサ記憶にないです。

ポイントリーダーのロッシも3位で久しぶりのフロントロー。大喜びです。

兄エスパルガロは残念な転倒、またしても兄弟そろった位置からスタートになります。