読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motogp fun

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

スクープ!来期のMotoGP TEAM SUZUKIのライダー発見

次のレースまで3週間、GPライダーも少し休息できるのでは無いでしょうか。
ストーブリーグも主なチームは決り、落ち着いてレースができる環境に成りつつあります。

 

TEAM SUZUKI

2016/6/16現在、スズキワークスの2017年ライダーはイアンノーネのみ決定。

ビニャーレスはヤマハに移籍、もう一人のライダーを誰にするか決まっていません。

アレイシ・エスパルガロと再契約するのか?
将来の為にMoto2から若手を連れてくるのか、悩ましい状況です。

 

噂では次のオランダグランプリ(6/26)開幕前までには決まりそうです。
アレイシ・エスパルガロの来期は何処。

f:id:motagp:20160320195210p:plain

 

 

 

MotoGPのテスト

MotoGPマシンの開発はシーズン中でも行われます。
エンジンは来期用、フレームは随時アップデート可能。

しかし、走行テストについては、MotoGPライダーが行う事が出来ません。
公式テスト+許可のあるプライベートテスト以外は禁止です。

 

これでは、開発が進みません。
そこでテストライダーの登場、出来るだけ速い選手と契約したいですね。

 

そんな中、ヤマハではロボットによるテスト走行を実施している?の情報をキャッチ。
未確認ではありますが、パラメータ設定でロレンソモード、ロッシモードを切替可能との事。
今年のマシンも速い理由ですね。
技術進歩もここまで来たか。感心します。

ベースのロボットはモーターショーに展示していた彼の、発展形だと推測。

 f:id:motagp:20151112233827j:plain

 

 

ではホンダはどうでしょう?
セキュリティが厳しくて、情報を入手する事が出来ませんでした。
ASIMOの技術を転用すれば、ASIマルケスMOってロボの作成は容易。
何処かのテストコースで走っている筈。

そしてASIペドロMOと2体でバトルしているかも。


下記の記事で、両選手のデータをASIMOがスキャンしています。
表向きは壮行会、実際は違った様です。

www.honda.co.jp

 

 

 



スズキは?
スズキについてはテストコースを見張り、調査する事になりました。

数日間の張り込み調査で先日ついに、アレイシ・エスパルガロが走行しているのを確認!。
えっ、それは禁止項目、MotoGPライダーのテスト走行には制限がある。

 

 

スクープです、違反です。

 

 

 

セキュリティが厳しく、撮影できたのは1枚のみでした。

 

 

これがテスト走行中の写真です。

じっくり見ると、エスパルガロのツナギを来ているのはロボ。

f:id:motagp:20160616092417p:plain

 

いやいや、ツナギじゃない、ロボのカラーリングです。
スズキもテスト用ライダーロボを開発していた模様。

 

[追伸]
関係者のリーク情報によると、スズキ開発のロボではなく、
テスト契約したフリーのロボットとの事でした。
右回りはエスパルガロ、
左回りはビニャーレスの走行をシュミュレートできる高度な技術を持ってる。

 

 

 

 

以上

 

妄想です。嘘です。
無許可で描いています。
版権を管理している方、申し訳ありません。
削除依頼は右の問い合わせフォームか、コメントに記載お願いします。