読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motogp fun

motogp ファンによる、モトgp 結果、モトgp日程を報告するブログ、ガジェットネタも

「ばくおん!!」で知るMotoGP ウェイン・レイニー 第11話

11話、ロードバイク、鈴菌、王子、バイク購入。

そして「バイクは公道で乗るものじゃない」でした。
WGPレーサー、ウェイン・レイニーの言葉です。
この言葉、とても有名だけどいつ話したの?誰か教えて。
スピード出したかったらサーキットへ来いって事かな。

 

 ウェイン・レイニー

f:id:motagp:20160614111844p:plain

堀の深い顔でハリソンフォードみたいなイケメンです。

 

1960/10/23生まれ(アメリカ)
6歳からミニバイクに乗り、ダートラレースへステップアップ。
アメリカ人レーサーの王道(英才教育)を歩んだライダー。

 

1984年GP250でデビューこの時は結果が残せず1年のみの参戦。
多くのライダーはGPフル参戦失敗後は引退するパターンが多いが、
レイニーの場合AMAスーパーバイクで結果を残し、再びWGPへ。

1988年からチームロバーツヤマハ(ワークス)からGP500参戦、ランキング3位獲得。
1989年ランキング2位、1990~1992年は3年連続チャンピオン、1993年ランキング2位の輝かしい結果を残しました。

 

1993年も12戦イタリア(残り3戦)開始前でランキングトップだった。
しかし、このレースで転倒、下半身不随となり引退。

この年はAMA時代からライバルだったケビン・シュワンツが念願のチャンピオンになるも、ライバルの怪我を人一倍悲しんでいた。

f:id:motagp:20160405231845p:plain

その後、車椅子生活になるも、WGPから離れる事は無く、
ヤマハワークスのチーム監督を1998年まで務めました。

今年もアメリカGPにいましたよ。

 

 

 

 

 

以上 最終話に続く